4月21日(水)晴

減水したので、ルアーは苦戦しています。

餌釣り、フライはそれなりの釣果がでています。

いずれにせよ、ピーカンであるので、厳しい状況です。午後からの水温が高くなってからの、渓流魚の活性化に期待したいです。

​魚は多くいますので、状況次第とおもわれます。

4月15日(木)晴時々曇

今日は冷え込んで、渋いと思われたが、それなりの釣果がありました。

他にネイティブなヤマメが何尾か釣れ出しています。

当歳魚も含めて、風祭周辺で釣れています。

天然ヤマメを漁協組合員有志が放流することもありますが、このところ釣れている魚体は、自然繁殖のものと思われます。昨年、台風がなかった為もあります。

4月6日(火)晴時々雲

今日はフライの釣り人が多かった

写真は、先日、下流部で釣れた魚について本HPに問合せがあったイワナの写真。あまりに下流なので、この魚は何?という問い合わせであったが、写真が来る前にイワナだと分かった。​早川は水温が低いので、下流部でも渓流魚が釣れるのです。

3月31日(水)晴れ

写真は28日に釣れた銀毛ヤマメ

サクラマスもコンスタントに釣れています。

​なお、無料の釣具レンタルは、本日で終了しました。明日、4月1日より有料となりますので、ご了承ください。詳細は釣具レンタルのページでご確認ください。

3月25日(木)晴れ

フリー区間での午前10時ごろまでの餌釣りの釣果。

ニジマスよりヤマメの放流が多かったので、ヤマメの釣果が良いのだろう。

キャッチ&リリース区間では、サクラマスも含めて、ルアーと餌釣りの釣果が良いようだ。

​​今日は思ったほど、気温が高くなかったので、フライは苦戦したかも知れない。

3月20日(土)曇り

今日は減水のためか、ルアーの釣果がおもわしくない。

​釣れているのは、フライと餌釣り。

​キャッチ&リリース区間でも、ルアーは釣れていなかった。明日は雨の予報があるので、水が増えれば、ルアーにチャンスがありそぅである。

3月14日(日)晴れ

午前中は、ルアー・フライは不調でした。餌釣りが好調で、全川で釣果がありました。

特にサクラマスの釣果が少なくなく、キャッチ&リリース区間で5尾前後はありました。

​昨日の雨で、午前中は絞り水があって水温低下、ルアー・フライの不振につながったと思われます。

3月10日(水)晴れ

今日のキャッチ&リリース区間は、全般に釣れていました

気温が上がって、昨日までの水温低下が解消されたからでしょう。

​フリー区間は、かなり厳しい状況ですが、キャッチ&リリース区間は釣れています。

2021年3月7日(日)

曇り 寒い

今日は親子の釣り教室。

極端な冷え込みで、状況は厳しい。

それでも、お父さんはバラシたものの、早い時間に掛けた。で、息子さんは、一尾釣りあげた。大喜び。

2021年3月4日 晴れ

デカマス、尺ヤマメの報告がありました。

ドライ・フライでの釣果が出てきたようです。

​平水で全体的に釣れています。

2021年3月1日太閤橋上流

4月19日(月)晴

前川、澄んでいます。

ただ、水温が低いので、すべてが苦戦しています。

ただ、まったく釣れていないわけではなく、渓流魚はたくさんいますので、釣り方などの工夫が必要のようです。

写真の若者は、マグロ餌で50アップを釣ったそうで、その後、小型のニジマスをを何尾か釣ったそうです。自然繁殖の小型ニジマスが釣れ出したようです。

4月14日(水)曇

天然遡上の稚鮎ちらほら見受けられる早川ですが、今回は漁協の義務放流として実施しました。

今年初めて、キャッチ&リリース区間を設けましたので、渓流魚が残る地域は避けて、上流部に稚鮎は放流しています。今後もそうして放流になると思います。鮎師を上流部に誘導する施策であります。

4月3日(土)晴時々雲リ

キャッチ&リリース区間で、テンカラの釣り人

朝早くから竿をだしたが、釣れたのは8時ごろから。9時過ぎまでにサクラマスとヤマメが釣れたとのこと。

シモの餌づ釣りの人が釣ったのは、ヒレピンのニジマス。かなり引きが強くて、時間をかけて取り込んだ。

​​綺麗な魚体に、満足。

3月27日(土)晴れ

今日は、フライマンが多かった。そのためもあろうが、ルアー餌釣りが不振で、釣果があったのはフライが中心でした

だが、さすがベテラン餌釣り師の組合員は、午後に大物をゲットした。

上記写真は、その組合員の釣果。

​明日は雨が予報されているので、川はまたリセットされそうである。

3月24日(水)晴れ

今日、午前中にフリー区間の太閤橋上流を手始めとして、キャッチ&リリース区間も含めて、ヤマメ中心の渓流魚放流。

キャッチ&リリース区間には、デカマスもまじえて放流した。

ヤマメが多いので、すぐには口を使ってくれないかも知れないが、明日には口を使ってくれるだろう。

3月18日(木)晴れ

今日、昨日と釣り人は少ない。

ポイントは自由に狙える状況であるが、やはり場荒れ状態ではある。

そんな中、組合員のTさんが写真のデカマスを釣りあげた。どうやら、昨年からの残りマスらしい。綺麗な魚体だったと、LINEでの報告。

​条件が良ければ、釣れる!

3月13日(土)雨

朝から雨で、場所によっては強く降ったようだ。午前中の状況では、濁りも増水も少なく、明日の釣りは絶好調になると思われる。

ただ夕方には、やや増水したようで、局地的に強い雨が降ったようである。

​​​だとしても、明日は天候が回復するので、この程度の濁りは釣りに影響しないだろう。

3月9日(火)晴れのち曇

組合員が釣った、サクラマス。昨日までの冷え込みと、氷雨の影響で、午前中は渋かったです。

午後は、写真のサクラマスだけでなく、海から戻ったと思われるニジマスも釣れました。

​いずれもキャッチ&リリース区間の釣果です。

2021年3月6日

曇り時々薄日

解禁後、初めての週末ですが、早朝はともかくルアーフライの釣り人は、それなりの間隔で竿をだしています。​午前10時頃、坊主の人は少なく、それなりの釣果が出ています。

2021年3月3日 晴れ

御塔坂キャッチ&リリース区域。

今日もコンスタントに釣れています。

​風祭橋カミのヒレピン

4月17日(土)雨

朝早い時間は竿がだせましたが、雨次第に強くなりました。

午後には一時強く降ったため、濁りも強くなったと思われます。

夜にも雨は降り続いていますので、明日は晴れの予報ですが、午前中は濁りが残りそうです。明日の釣りは

微妙です。​特に午前中は厳しかも知れません。

4月7日(水)晴

本日、今年初めての稚鮎の放流が行われました。

小田原地区・湯本地区に計220Kg。

小田原地区には既に稚鮎の遡上が昨年以上に確認されています。6月の鮎解禁がより豊漁になるように、まだ追加放流もします。友釣り師を上流へと集中させ、C&L区間で渓流マンとのトラブルを回避できるように上流部に重点放流です。

4月1日(木)晴れのち曇

キャッチ&リリース区間の最上流部、魚道下の段々瀬でサクラマスが掛かっていました。

昨日は、夕方、テンカラが好調との10連チャンもあったとの情報。

​今日はピーカンのこともあって、フライ・テンカラは思わしくないようです。ルアーはポツポツ。餌釣りは順調に釣れています。

3月26日(金)晴れ

キャッチ&リリース区間で、フライマンならぬフライウーマンが大窪橋のカミでキャッチ。

今日は、ルアーもフライも釣れていました。初心者の餌釣りは、坊主でした。魚がスレているのもありますが、天気が良すぎるので、警戒心が強いものと思われます。​ライズはしてても、餌釣りでは釣れない現象があります。

3月21日(日)雨

久しぶりの終日雨である。ときどき、強くも降って濁りも入りましたが、極端な増水もなく、濁りもない。

案外、回復は早いのではないだろうか。

明日、午前中は無理でも、午後からなら竿が出せるかも知れない。

​ただ、このところ好調だったフライは厳しいかも。餌釣りに分がありそうだ。

3月15日(月)晴れ

今日も、午前中はルアーマンが一尾、御塔坂でニジマスを釣っただけで、他のフライや餌釣りも沈黙。

午後、組合員が釣ったのは写真のデカマス。また、他の組合員も38センチのヤマメを釣りました。

いずれも、キャッチ&リリース区間の釣果です。

​​​解禁後、半月。魚はかなりスレているようです。

3月12日(金)曇り

フリー区間は、かなりきびしい状況です。

ライズがあっても、フライでは釣れず、餌釣りにも釣れません。減水で残った渓流魚は極端に警戒心が強いようです。​キャッチ&リリース区間は、それなりの釣果がでています。明日からの雨が、状況を好転させてくれそうです。

2021年3月8日(月)

小雨 寒い

写真は、昨日のJR鉄橋下で釣れたデカマス。一旦、海にくだったニジマスが、戻ってきたものかも知れない。鱗が荒いので、その可能性はある。ただ、鼻先が傷付いているから、今年の放流モノである可能性もある。

2021年3月5日 曇り

52センチのデカマスが釣れました。

​今日はサクラマスが2尾など、順調に釣れています。今日はキャッチ&リリース区間だけの情報です。

2021年3月2日太閤橋下流

​昼間の濁りはそれほどでもなく、竿をだしている人もちらほら。

テンカラの釣果

箱根早川にようこそ! 

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon

Copyright© 2015 Fisheries Cooperative Association of Hayakawa.River. All Rights Reserved. 早川河川漁業協同組合小田原支部 公式ホームページ